Carefree Life

日々の出来事を、細々と不定期に。

プロフィール

sin雪

Author:sin雪
ここは、sin雪のブログページでございます。
それだけです。
はい、はい、ほんとすいません。
いえ、なんでもないです。

リンクフリーです。よろしければどうぞ。
まぁ、いないか (゚Д゚)y─┛~~


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUN LIFE

寂れた市街地に、銃声が響いている。
パァン、パラララッ、カンカンッ
音は複数で、不規則に鳴り、一般的には、聞きたくもない音であるが
それはどこか心地よいメロディのようで
耳に残り、口ずさみたくなる。
今、自分は生死の分かれ道にいるというのに
ふと、そんなことを感じていた。
「ん、弾は後6発か・・・。」
壁を背にし、辺りを窺いながら
ハンドガン、リボルバータイプのリロードをする。
威力が高く、壊れにくく、信頼できる武器なのだが
装弾数が少ないという短所がここにきて仇となった。
「時代はセミオートかねぇ、今の銃は性能がいいからなぁ。
 あぁ、お前を手放す気はないから、心配するな。」
苦笑しながら、癖で俺の愛銃に語りかける。
もちろん、返事は返ってこないのだが。
意識を元に戻し、耳を澄ませ、辺りの気配を探る。
さきのメロディは、少し前に止んでおり
静寂が街を包んでいる。
その中に、僅かなイレギュラーな音を聞き取った。
約10メートル右斜め後ろに一つ
その5メートル後ろに1つ
「さて、どうしたものかね。」

今までの動きから、敵はかなりの腕をもっている。
一人なら、どうにでもなるのだが
2人となると、6発という限られた中で
確実に倒せるかとなると、正直不安だ。
さらに相手さん、なかなか嫌らしい銃を使っている。
1人はサブマシンガン、もう片方はセミオートハンドガン
ハンドガンなら、どうにでも接近やら対処できるのだが
サブマシンガンとなると、話は別である。
制御性はないに等しいが、あの連射速度はそれを見事にカバーしている。
迂闊に近づこうものなら、一瞬で体が風穴だらけになるだろうな。
「よくできた武器だよ・・・。それに羨ましいぜ。
 俺も、あんな速度で弾ぶっぱなしてみたいよ。」
軽く冗談を吐いて、またしょうもないことを考えてる
意識を切り替える。
そう、問題はサブマシンガンのみであり
先に倒してしまえば、後は弾なしでもいけるんだけどな。
腰に差している一本の日本刀を擦る。
「さて、ブルジョア野郎を先に倒すとして、どう当てるか。
 2人を意識しながらの射撃は、さすがに初弾では
 難しいだろうな。最低でも2発・・・、それで仕留める。」
自分にしか聞こえない大きさで、ブツブツとどう動くか考える。
足音は7メートル程に距離を縮めてきている。
あまりグズグズはしていられない。
最低限の計画しか、考え付かなかったが
結局、出たとこ勝負。
あとは、己の腕を信じるのみ。
「いつも通りのことだ。さて、行こうか。」
愛銃にキスをして
いつもの場所、それでいて飽きのこない
静かな、小さな戦場へ俺は再び飛び込んでいった。

-To be continued-

続きを読む »

スポンサーサイト

一昨日、昨日、今日、明日、明後日 全ては今日

気がつくと、そこは24時間後の今日
変わらない朝、変わらない自分
だが、時は私を気にも留めず
先へ進んでいく。

私は変わらないのに
時は先へ、周りも先へ
私だけその位置にぽつんと
前にも後にも進めない。
周りは私を見る事もなく
先へ先へ進んでいく。
孤独、ひとりぼっち

でも

前にも後にも進めないけど
だったら
私だけこの定位置で
足踏みをして、足掻いてやろう
例え、その姿が滑稽であっても
それが私
私だけの道
行き止まりの道をひたすら足踏み
周りは先へ、時も先へ
私はここで。
私はここに。

などと、柄にもない事を考え
そんな自分に可笑しくなり
微笑み、家の扉を勢いよく開く

さぁ、永遠に続く今日を
歩いていこう。

続きを読む »

(=゚ω゚)

私は今も求め続けている。
それは、いくら求めても得られないモノ。
そう、ないものねだり。
私はわかっている、求めても得られないものがある。
それは、特別な事ではない。
求めて得られるものは、数少ない。
だから、得たものを大切にしようとする。
そしてそれは、唯一無二のもの、自分だけの宝物になる。
でも
私は今も求め続けている。
決して手に入らぬものと知っていても。
それは無意味ではない。
求め続ける心。
そう、それは
決して忘れてはいけない心

続きを読む »

 | HOME |  ▲ page top


back
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。