FC2ブログ

Carefree Life

日々の出来事を、細々と不定期に。

プロフィール

sin雪

Author:sin雪
ここは、sin雪のブログページでございます。
それだけです。
はい、はい、ほんとすいません。
いえ、なんでもないです。

リンクフリーです。よろしければどうぞ。
まぁ、いないか (゚Д゚)y─┛~~


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUN LIFE Ⅳ-

街から街へ移動するために使われる街道は、森を開拓して作られており、自然を感じながら安全に移動できるものである・・・であったと言うべきなのか、街道から少し外れた少し大きめの木の下に、2人が何やら作業しながら言い合っている。1人は、この国では珍しい黒の髪を持ち、短い髪と顔立ちからかなり爽やかな感じの男である。もう片方は、赤く腰まで伸びた見るものを魅了するような綺麗な髪で、美人とも可愛いともとれる顔の女だ。赤髪の女性は、少し顔を歪めており何やら男に向かって言っている。
「しくったわね・・・。あんな奴らにやられるなんて。絶対ただじゃおかないんだから・・・。」
よく見ると、腕から髪と同じ色のもの、血が流れている。腕を押さえ私は文句を言う。
「落ち着けって、とりあえず傷の手当てをするから、腕を見せてくれ。」
黒髪の男は、腰に付けているポーチから医療キットを探しながら言う。
「この程度の傷、どうってことないわよ。」
「こら、どう見ても軽くはないだろ。それにこれは仕事だ。万全でないにしろ、しっかりできる体にはしてくれよ。ほら、腕出して。」
反論しようとしたが、男の言う通り傷は軽くなく、左手の感覚があまりない。数秒躊躇った後に私は手を男に差し出した。
「よし、いい子だ。そのままちょっとじっとしててな。」
手際よく処置をしていく。そのことに、赤髪の女は少し驚いた。
「いい子だって、子ども扱いしてない?」
「あぁ、すまない。クセなんだ。」
男は苦笑して言う。なんのクセなのか、少し気になったが思いとどめておく。
「それにしても、随分手際がいいのね。何か医療関係のことでもやってたの?」
「まさか、こういう仕事してるとケガは当たり前だろ。今はそうでもなくなってきたけど、始めた頃は毎回どこかしら負傷してさ、自分で処置してたら、覚えただけだよ。」
また苦笑しながら、男は返事をした。包帯を巻き終え、ピンで留める。私は、少し気まずくなり俯いた。それ見て、男は何を思ったのか、包帯が巻かれた傷の上をポンッと叩いた。痛みが走り、私はビクッと体を強張らせる。
「つぅ・・。いきなり何するのよ、痛いじゃないっ!」
私は思い切り怒鳴ったが、男は楽しそうに笑い
「あははっ、怒鳴る元気があるなら大丈夫だな。どうだい、腕の感覚は?痛みがないより、あったほうがキツイが動かせる。」
左腕を動かしてみる。痛みが少しあるが先ほどよりはしっかりと動かせるので、私は複雑な気持ちになった。
「・・・。まぁ・・・ありがとう。礼を言うわ。」
こういう事には慣れていないので、少し顔を伏せて私は言った。男は、そんな私を見て、クスッと笑い
「いえ、どういたしまして。」
私の頭に手をやり、撫でながら言う。本当に癖なのだろう、私は睨むと、男はハッとなり手を引っ込めて引き攣らせた笑いをする。
「ゴホンッ、さてこれからどうする?」
地図を広げながら私に聞いてきた。
「大体今はこの辺りなんだけど、このまま普通に進めばあと半日くらいで、目的地にはたどり着けるよ。」
私は、そのまま仕事を終えるなどとは全く考えていない。男もそれをわかっているようで、地図をまた見て、目的地から少し外れたところを指で指しながら
「まぁ、そうだろうね・・・。このままじゃ俺も気分がよくない。あいつらに一発カウンターパンチ食らわせようか。」
腰に差してある異国の剣を手に取り前にもってくる。鞘から少し抜き、チンッと音を立て戻す。
「次は俺も油断はしない。君も傷つけさせない。本気で行こう。」
男は剣を見つめながら言う。その眼差しは鋭く、声も普段とは全く違い、気圧され私はゴクッと息を呑んだ。剣を腰に戻すと、いつもの感じに戻り、私の様子を見て舌をチョロっと出す。
「すまない、ちょっと怖かったかな。」
「・・・いえ、あなたにもそんな面があるのね。」
「なに、君の方がもっとすごいぞ。戦闘中といい、さっきの怒鳴った時といい、鬼の如きって感じだったよ。いや、心臓が止まるかと思った。」
男はわざとらしく、両腕で肩を押さえ、おーこわいこわい。と言いながら体をビクビクさせている。私は・・・自分でも信じられないくらいの笑顔になっていた。
「そう、鬼の如きって感じだったのね。じゃあ今は仏のような感じかしら?」
男はハッとなり、冷や汗を出しながら少しずつ下がっていく。
「ま、まって・・・。冗談だから!ねっ!それは駄目だよっ!本気じゃないかっ?!笑ってるけど、引き攣ってるよ!わぁー!それ銃だよっ!抜いてどうするのさっ!ちょっと・・・ヒィー、向けないで危ないっ!!・・うわぁ・・・アッー・・・・・・」


これから戦いに向かおうとしている2人なのだが、もしかしたら1人だけになっているかもしれない・・・。男の叫びが辺りに響いて、それから声は聞こえなくなった。


チュンチュンと、穏やかな小鳥の囀りが聞こえる。

-To be continued-
どうもこんにちは。秋雪でございます。
あれだね、もう日記じゃないね。
SSブログ?!てか、SSって呼べるlvでもねぇか('A`

まぁ、最近はパンヌァやらGUNZやらDJMAXやら信やら
ちまちまやっとりますよっと。
パンヌァはなかなか面白いですな。むずいけど、対戦がアツイネ
GUNZはネタが最高デス。

と、いつも通りじゃん?( ゚,_ゝ゚)
スポンサーサイト

コメント


pixel pixel pixel
pixel
信くんどこだよw
pixel
pixel pixel pixel

pixel pixel pixel
pixel
( ゚Д゚)?
pixel
pixel pixel pixel

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ferisu.blog49.fc2.com/tb.php/16-3a05879b

 | HOME |  ▲ page top


back
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。